雑学

知っているようで知らない現象や効果の名前 Part2

広告

 

 

私達が日々体験する現象や効果には名前がつけられていますが、一般には知られていないものも多くあります。その現象のせいで「自分だけかも・・・」と悩んでいる人もいるかも知れません。ここでは、私達の身の回りに起こる様々な現象や効果をその名称とともにご紹介していきます。Part1に続く第2弾です。

 

ジャネーの法則

 

歳をとると時間が経つのが早く感じる、ということはないでしょうか。これは「ジャネの法則」と呼ばれるものです。6歳の人の1年は人生の6分の1、60歳の人の1年は60分の1でその記憶の長さには10倍もの差が生じます。したがって、歳を取れば取るほどどんどん時間が早く感じるようになってしまうのです。フランスの哲学者ポール・ジャネが発案したそうです。

 

ファニーボーン

 

小学生の時に後ろを振り返った瞬間、肘を椅子の背もたれにぶつけてビリビリとした記憶はないでしょうか。あれには「ファニーボーン」という名前が付いています。英語圏では「クレイジーボーン」とも呼ばれているようです。体の中にある神経は通常体の奥の方を通っていることが多いのですが、ファニーボーンの部分は例外的に、皮膚のすぐ下を通っているため刺激が伝わりやすく、ちょっとした刺激でも強く反応してビリビリしてしまいます。

 

広告

ファントム・バイブレーション・シンドローム(幻想振動症候群)

 

これは携帯電話が普及してから生じたものですが、振動してもいない携帯電話のバイブレーションが、振動しているように錯覚してしまう現象です。携帯電話をポケットなどの体に触れる場所に入れて持ち歩いている場合に生じます。行動心理学や認知学などの方面から研究された結果、人言の脳が携帯電話の着信と振動を学習することで、振動に対して過敏になり、してもいない振動に反応するというメカニズムであることが説明されており、携帯電話の着信に対して神経質に鳴っている時ほど経験しやすいようです。

 

コンコルド効果

 

別名を「埋没費用効果」の別名で、ある対象への投資をし続けることが損失につながると理解しているにもかかわらず、過去の投資を惜しんで、投資をやめることが出来ない状態のことです。

旅客機コンコルドが商業的に失敗したことに由来しているようですが、身近な例では、UFOキャッチャーを一度始めてしまうと景品が取れるまで止められない、という行為などが当てはまります。

 

TOT現象(舌先現象)

 

喉まで出かかっているのにどうしても言葉に出てこない、思い出せそうなのに思い出せないという体験が誰にでも一度はあると思います。これをTOT現象と呼びます。Tip of Tongue(舌先)の略称が語源になっています。

 

ベイカーベイカーパラドクス

 

TOT現象と似ていますが、ある人物の名前や顔、体型や仕草などの周辺情報は思い出せるのに名前だけはどうしても出てこないという現象を「ベイカーベイカーパラドクス」と言います。

「その人の職業がパン屋(Baker)というところまでは思い出せるものの、ベイカーという名前は思い出せない」というジョークが由来となっています。

 

ゲシュタルト崩壊

 

身近なものでは、同じ文字を長時間注視したり、同じ文字を短時間に連続で書き続けたりすることでその文字の各部分がバラバラに見え、その文字が何という文字だったか認識できなくなってしまう現象のことです。ひらがなや漢字でも起こり、例えば「あ」というひらがなを連続で書き続けると途中から「あ」という文字を書けなくなってしまいます。面白いのでぜひ試してみてください。

 

イヤーワーム

 

歌や音楽の一部分が心の中で反復し、頭にこびりついて離れないという現象を「イヤーワーム」といいます。「ディラン効果」と呼ばれることもあるようです。

意識しても中々鳴り止まないイヤーワームの止め方は、最適な難易度のアナグラムや数独パズルを解くこと、ガムを噛むこと、好きな曲で上書きすることなどがあるようです。

 

エスカレータ効果

 

止まっているエスカレータに乗ったり降りたりするときに足が重く感じていつもどおり歩けないという効果をいいます。これは、「エスカレータは自動的に動いているもの」という思い込みがあるために、例えエスカレータが止まっていたとしても動いているエスカレータでのバランス調整をして乗り降りするために違和感を感じて生じるのだそうです。

 

まとめ

 

人体には我々が認知していない様々な能力が隠されているようです。ここに挙げたもの以外でも普段何気なく生じているあらゆる現象は、あなた一人だけではなく、多くの人が体験し、名前もつけられていることだと思います。

今回ご紹介した効果や現象以外にも身の回りには多くの現象や効果が存在しています。もしあなたの周りで不思議なことが起こるようであればそれは、あなただけに起きているものではないかもしれませんし、すでに命名されているような現象なのかもしれません。ぜひ調べてみてください。

The following two tabs change content below.
かっつん

かっつん

はじめまして、かっつんです。 京都在住30代 このブログでは、様々な趣味や雑学の情報を発信しています。
広告

関連記事

  1. 雑学

    天皇になろうとした僧侶「道鏡」

    まもなく126代の天皇陛下が誕…

  2. 雑学

    食べ物に関するちょっとした雑学

    普段食卓に並ぶ食べ物、飲食店で…

  3. 雑学

    平安京に遷都させた男 「大怨霊 早良親王」

    日本には三大怨霊と呼ばれる、崇徳上皇・平将門・菅原…

  4. 雑学

    都道府県名の由来(北海道・東北地方・甲信越地方編)

    日本には47の都道府県がありますが、その名の由来に…

  5. 雑学

    都道府県名の由来(中国地方・九州地方編)

    日本には47の都道府県がありますが、その名の由来に興味を持ったことはな…

  6. 雑学

    知っているようで知らない現象や効果の名前(Part1)

    私達が日々体験する現象や効果に…

最近の記事

広告
  1. 雑学

    都道府県名の由来(北海道・東北地方・甲信越地方編)
  2. アロマオイル

    アロマテラピーを始めよう!あったら便利な道具
  3. 雑学

    平安京に遷都させた男 「大怨霊 早良親王」
  4. ショアジギング

    釣った魚をおいしく食べる持ち帰り方
  5. 釣り

    『知らない』では済まない釣りの危険
PAGE TOP