ショアジギング

これだけ揃えよう!ショアジギングで必要な道具

広告

 

 

まず最初に、ショアジギングを始めるにあたって必要な道具について解説しています。

 

ショアジギングロッド

 

ショアジギングでターゲットが、ブリやヒラマサなどをメインにする場合は100g以上のジグをキャストする機会が増えるので、それに適したロッドを。最大何グラムまでのジグが投げれるかによって釣りのスタイルも変わりますし、狙える魚種も変わってきます。間違ってライトショアジギングカテゴリーのロッドを購入してしまった・・・とか、よくある話です(特にネット通販の場合見落としやすい)

 

  • ショアジギング用ロッド

◦ 竿の長さは9ft~10ft
◦ メタルジグの60g~100gをフルキャストできる
◦ 大物が釣れても負けないパワー

 

 

ショアジギングに必要なロッドの条件ですが、「100gのメタルジグをフルキャストできること」が最低条件です。
最近では専用のロッドも発売されていて、ルアーが扱いやすいように作られていますが、経験から言うと青物は「どれだけルアーを投げ続けられるか」で釣れるかが決まってくると思います。

 

 

 

ショアジギング用リール

 

ショアジギングに最適なリールですが、ロッドほどこだわる必要はなし。青物を掛けて壊れない耐久性があるリールなら、だいたいなんでも使えます。
メタルジグを高速でアクションさせるため、ハンドル1回転のライン巻取り量の多いHG(ハイギア)モデルを選ぶことが重要です。

 

◦ ダイワで4500番あたりがおすすめ
◦ PE2~3号を200~300m巻けるラインキャパ
◦ ある程度激しいアクションに耐えられる剛性

番号が大きいほどスプールの大きさが変わってきますので、最大の糸巻き量が増えます。フィールドによって号数は変わってきますが、最低でもPEライン2号を200m以上巻いておけるリールをセレクトするようにしましょう。

 

 

広告

ショアジギングで使うライン

 

釣りにとって「ライン」というのは切っても切れない関係であり、ここでの選択を間違うと釣果に影響を及ぼすといってもおかしくないほど重要なものなので、しっかりした知識を身につけ、自分に合ったラインを選択しましょう。

一言でラインとはいっても大きく、ナイロンライン、フロロカーボン、PEラインと、ルアーフィッシングではこの中からそれぞれの特徴を考え、ラインを選ぶ事になります


ショアジギングでは、メインライン(道糸)は必ずPEラインを選択してください。PEライン以外では飛距離が落ちます。

ラインの強さを表す単位に「ポンド」「号」が使われていますが、この単位はラインがどれだけの重量に耐えられるかが分かるようになっています。
ショアジギングでの基本号数は、最低でも2号以上のPEラインを使用してください。同じ号数表記でもメーカーにより太さが違う事もありますので、気になる人は釣具店の店員さんに相談してみるほうが良いと思います。

 

ショアジギングで使うリーダー

 

リーダーは必須です。基本中の基本なのですが、PEラインを使用する時はリーダーを付けるようにしましょう。PEラインというのは引張りに対しての強度は強いのですが、擦れに対しては弱いです。魚のエラに当たっただけでも切れてしまう可能性がありますので、先端にはスレに強いフロロかナイロンを付けるようにしましょう。

ナイロンとフロロカーボンだと、フロロカーボンのほうが伸びも少なく擦れに強いです。ナイロンラインはしなやかで伸びる分ショートバイトでも、しっかり針が掛かります。

 

 

ルアー

 

ショアジギングでメインで使用するルアーは「ジグ」なのですが、一言でジグと言っても色々な種類があります。このページではオススメのジグについてお話します。

特に難しく考える必要はありませんが、軽いジグのみであれば潮流の速い場所では使えませんし、逆に重たすぎるジグであれば水深の関係で根がかりが頻発する事に。要するに色々なウエイトのジグを揃えてください。60、80、100g、これだけあれば問題なし!それぞれピンクとイワシ系カラーを持っていれば海がどのような状態であれ対応する事ができます。

 

 

小物類

 

釣れた魚をバス持ちしている人も多く見受けられますが、魚の歯により負傷してしまう事もあります。
そんな時に便利なのが「フィッシュグリッパー」
直接魚に触れる事なく、フック外しから写真撮影までなんでもこなしてしまう優れもの!以前は1万円以上のものが多かったですが、今では数千円である程度質の良いものを入手する事が可能ですのです。

 

他には、あると便利なバッカン!これにロッドとクーラーボックス以外の道具は入ると思います。あると車から釣り場までの移動が楽です。

 

タモ(網)

 

これも必須ですね。これがないとせっかく釣れた魚が取り込めないという事が。
地磯、漁港、沖堤防、釣り公園、さまざまな釣り場がありますが、どこで釣りをするにしても、水面まで5mはあるかと思います。
なのでホルダーは最低5m以上を選んでください。

このあたりがあれば問題ないと思います。魚が釣れたけど取れないとかは、ほぼないと思います。
大型青物がヒットしたが取れない・・・そんな悲しい結果にならないためにもランディングツールは所持しておいたほうが良いです。

 

 

 

必須のクーラーボックス

 

釣った魚を鮮度の高いまま自宅へ持ち帰る。釣りは帰宅するまでが趣味の一貫です。

自分で釣った魚を調理し、美味しく頂く。これ以上の至福はそうないのではないと思います。
ショアジギングのターゲットは時に1メートルを超すような大物である事があります。狙ってなくとも、常に大物を獲得できる可能性はあります。
となると、やはりできる限り大きなサイズのクーラーボックスが必要になってきます。

最低でも内寸50センチ以上が最低ラインかと。
数が釣れた時に泣く泣くリリースしなければならない事にもなります。

予算が許す限り、大きめのクーラーを所持しておく事をオススメします。(大きくなればなるほど高いです)

 

 

 

以上。ショアジギングで必要な道具です。

 

 

The following two tabs change content below.
かっつん

かっつん

はじめまして、かっつんです。 京都在住30代 このブログでは、様々な趣味や雑学の情報を発信しています。
広告

関連記事

  1. ショアジギング

    ショアジギングとは?

    ショアジギングって?釣りにに慣れていない人は「ショアジギング」…

  2. ショアジギング

    メタルジグの材質『タングステン』『鉛』の違い

    今回は、何かと気になることが多い「タングステン製のメタルジグ」について…

  3. ショアジギング

    釣った魚をおいしく食べる持ち帰り方

    釣りに行くと釣れた魚を、皆それぞれいろんな方法で〆てるのを見ます。…

  4. ショアジギング

    ショアジギングで守るべきマナー

    釣りに限らず、マナーというものは守って当たり前なの…

  5. ショアジギング

    ショアジギング 釣り場の見つけ方

    青物が釣れるポイントを探そう!青物を釣りにいこ…

  6. ショアジギング

    ショアジギングでのキャスティングの仕方

    ショアジギングにおいてキャストという技術は重要な要素であり、特に飛距離…

最近の記事

広告
  1. 雑学

    都道府県名の由来(北海道・東北地方・甲信越地方編)
  2. ゴルフ

    始めようゴルフ!! ゴルフの魅力教えます!
  3. 雑学

    天皇になろうとした僧侶「道鏡」
  4. 生活

    オキシクリーン活用方法
  5. ショアジギング

    メタルジグの材質『タングステン』『鉛』の違い
PAGE TOP