雑学

都道府県名の由来(関東地方・中部地方編)

広告

 

日本には47の都道府県がありますが、その名の由来に興味を持ったことはないでしょうか。

普段何気なく書いている自分の住所には驚くようなエピソードがあるのかもしれません。

ここでは、都道府県の名前の由来を一つずつご紹介していきます。

 

茨城県

 

茨城県といえば水戸黄門で有名な徳川光圀のお膝元で有名ですね。

「茨城」の名の由来は、奈良時代に書かれた「常陸国風土記」に記載された伝説に基づいているようです。

その昔、黒坂命(くろさかのみこと)という人が、古くからこの地方に住んでいた豪族が朝廷に従わなかったために、茨で城を築いて退治した、という所から「茨」の「城」を取って「茨城」となったようです。

 

栃木県

 

栃木県は、宇都宮の餃子や佐野ラーメンなどが有名です。ちなみにけんちん汁は、栃木の郷土料理なのだそうです。

「栃木」という名の由来は、いくつか説があるようです。

「十千木(とおちぎ)説」、「トチノキ説」、「崩壊地名説」、「遠津木(とおつき)説」の4つです。

十千木(とおちぎ)説     現在の栃木市内に神明宮という神社があり、社殿の屋根にある2組の千木と8本の鰹木が、遠くから見ると10本の千木に見えたことから、神社の周辺を「十千木」と呼ぶようになった説。

トチノキ説                    トチノキという木がたくさん生えており、それが訛って「トチギ」になったという説。

崩壊地名説                 現在の栃木市内を流れる巴波川は、かつてたびたび氾濫を起こしたことから、千切れた地形の動詞「チギる」に接頭語の「ト」が付いたという説。

遠津木説                    古事記に登場する豊城入彦命(とよきいりびこのみこと)が木の国(現在の栃木県)と木の国(現在の和歌山県)を区別するために、遠く離れた木の国という意味で「遠津木」と命名したものが、訛って「トチギ」に変化した説

 

広告

群馬県

 

高崎のだるまや世界文化遺産となった富岡製糸場の有名な群馬県ですが、その地名の由来は「車」にあるそうです。

飛鳥時代の資料によると、現在の群馬県の中に、「車評(くるまのこおり)」と呼ばれる地域があったようです。それが奈良時代になると、「車郡」と呼ばれるようになります。国名や郡名などはその土地にあった漢字二文字で表すように定められ、「車郡」は「群馬郡」に改められたのだそうです。

 

埼玉県

 

小江戸「川越」が最近注目を浴びている埼玉県ですが、「埼玉」という名は、武蔵国多摩郡の奥にある土地の意味で「さきたま(前多摩あるいは先多摩)」という言葉が変化して「さいたま」となったようです。他にも「さきたま(幸魂)」から変化したという説もあるようですが、詳しいことは不明なようです。

 

 

 

千葉県

 

千葉県といえば、ディズニーリゾートですね。それに豊富な海産物も有名ですね。

この千葉という土地は、「茅(ちがや)」という植物が生い茂る土地で「茅生(ちぶ)」と呼ばれており、「ちば」に変化したという説や、多くの葉が生い茂っていることを意味する「千葉」が地名となった説があります。

 

東京都

 

日本の首都である東京都ですが、これは割と知られていると思います。1868年の明治維新の際に日本の都が京都から江戸に移る際に「東の京」という意味で東京と名付けられました。東京は当初、東京府でしたが、1943年に都制によって、「東京府」が廃止されて、「東京都」となりました。

 

 

神奈川県

 

神奈川県には、横浜港や箱根など有名なスポットがたくさんある県です。

「かながわ」は昔、神奈河、神名川、上無川などとも書かれ、現在の横浜市神奈川区であった武蔵国久良岐郡の地域をいい、古くから陸上・海上交通の重要なところでした。この地には水源地が解からない川があり、「上無川(かみなしがわ)」と呼ばれていたのが「神奈川」になったとする説や「金川」もしくは「狩野川」と呼ばれていた川の名から「神奈川」になったとする説があります。

 

富山県

 

富山県といえば、ます寿司やしろえび、食べ物以外にも「富山の薬売り」などが有名ですね。

富山県の由来は、富山平野にある「呉羽丘陵」が現在の富山県高岡市から見て外側にあったことから「外山(とやま)」と呼ばれるようになり、それを縁起の良い「富山」にしたという説や多くの山々が連なっていることから「富める山の国」から「富山」にしたとう説などがありますが、いずれにしても「山」に由来するようです。

 

石川県

 

加賀百万石の金沢城や日本三名園である兼六園など見処満載の石川県の由来は、県内最大の河川である「手取川」にあります。手取川は昔、上流から石を多く流すことから「石川」と呼ばれており、川の周辺もこの名で呼ばれるようになり、それが今の県名になっています。

 

福井県

 

福井といえば越前ガニ、そして国の天然記念物および名勝に指定されている東尋坊などが有名です。福井の地は昔「北ノ庄」と呼ばれていましたが、福井藩の第三代藩主の松平忠昌が「北」は「敗北」に通じるとして嫌い、縁起の良い名前にと「北ノ庄城」は「福の居る場所」という意味で「福居城」と改め、その後、現在の「福井」と改められたそうです。

 

 

静岡県

 

駿府というのは駿河国(今の静岡県)の国府が置かれた土地で、駿河国府中の略称でしたが、府中というと駿府のことを指しました。しかし、府中という地名はたとえば駿河府中だけでなく甲斐府中のように特定の地名を表すと言うよりも、むしろ地方の拠点をあらわす名称であったため、明治政府はこのまぎらわしい名称を避けるため、駿府藩に対して府中(駿府)という地名の変更を命じてきました。藩内で検討した結果、「静、静城、静岡」の3つを考案し、明治政府に報告しましたが、このうち「静岡」が採用されました。なお、「シズオカ」の「シズ」は賤機山(しずはたやま)に由来すると言われています。

 

静岡県といえば、江戸幕府を開府した徳川家康ですね。江戸幕府を開いたことで江戸のイメージが強いかもしれませんが、その生涯において多くの時間を過ごしたのは静岡だったそうです。

 

愛知県

 

愛知県は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を始めとする数々の武将を輩出した地です。「愛知」という地名は古代から郡名として「吾湯市(あゆち)」、「年魚市(あゆち)」、「愛智(あいち)」、「愛知(あいち)」などの表記で見られ、古くは「あゆち」だったようです。「あゆち」の「あゆ」は「湧き出る」という意味があり、湧き水が豊富な土地が由来になっているようです。

 

岐阜県

 

「岐阜」という地名は、織田信長が命名したとする説と織田信長の命によって尾張の僧侶が命名したという説があるようです。地名の由来は、中国で縁起の良い地名と言われる、「岐山」、「岐陽」、「岐阜」の中から選んだという説と中国の故事から「岐」を孔子の生誕の地から「阜」を取って「岐阜」としたという説があるそうです。

岐阜といえば、織田信長を輩出した土地です。かの有名な武将に名付けられた県名というのは憧れますね。

 

 

今回は、中日本の都道府県名の由来をご紹介してきました。

飛鳥時代や奈良時代から続く地名も多く、本当の由来が何だったのか今では定かではないものも多いですね。

次回は、関西・四国地方をご紹介いたします。

 

The following two tabs change content below.
かっつん

かっつん

はじめまして、かっつんです。 京都在住30代 このブログでは、様々な趣味や雑学の情報を発信しています。
広告

関連記事

  1. 雑学

    都道府県名の由来(北海道・東北地方・甲信越地方編)

    日本には47の都道府県がありますが、その名の由来に…

  2. 雑学

    知っているようで知らない現象や効果の名前(Part1)

    私達が日々体験する現象や効果に…

  3. 雑学

    都道府県名の由来(中国地方・九州地方編)

    日本には47の都道府県がありますが、その名の由来に興味を持ったことはな…

  4. 雑学

    学問の神様「菅原道真」の祟り

    日本に数多くある天満宮、天満神社や菅原神社、天神社などとなっている場合…

  5. 雑学

    天皇になろうとした僧侶「道鏡」

    まもなく126代の天皇陛下が誕…

  6. 雑学

    知っているようで知らない現象や効果の名前 Part2

    私達が日々体験する現象や効果に…

最近の記事

広告
  1. アロマオイル

    寒い季節に!アロマで風邪対策
  2. ショアジギング

    ショアジギングで守るべきマナー
  3. グルメ

    地元の人が愛する!福岡グルメB級グルメ
  4. アロマオイル

    初心者の方にオススメ♪アロマオイル
  5. 観光

    火の国熊本!阿蘇のオススメ観光スポット
PAGE TOP