ショアジギング

ショアジギングでのキャスティングの仕方

広告

ショアジギングにおいてキャストという技術は重要な要素であり、特に飛距離が必要なポイントであれば直接的に釣果に繋がる事もあるのでできる限り高度な技術を身につけておきたいところです。

飛距離を伸ばす「ペンデュラムキャスト」とオススメアイテム

 

青物の釣果を伸ばすには、メタルジグの飛距離が必要不可欠です。それは青物は回遊性の魚で、どれだけポイントを絞っても陸からでは回遊しているルートは把握できないからです。

船がなぜ釣れやすいかというと、魚の居場所まで釣れていってくれるからです。陸から青物を狙おうと思うと、少しでもメタルジグと青物の遭遇率を上げるために、飛距離が絶対必要になります。遠くまでメタルジグを投げて長いキョリを泳がせて来ることが魚を釣る第一歩です。

メタルジグをキャストする方法をペンデュラムキャストと言います。ショアジギングで使う竿は長く、投げるルアーが重たいため、たらしを長くして遠心力を利用して投げます。感覚をつかむまでは思い切り投げず、遠心力だけで軽くなげるようにするといいと思います。

少し慣れてきたら、たらしたジグを振り子のように前後に振って、体の後方に来たタイミングで投げる方向に竿を振り切る。こうすると重たいジグでもかなりのキョリを投げることができます。この投げ方をペンデシュラムキャストと言います。練習すれば上手な人であれば80~130gのジグを100m以上投げることができます。

方法として

  • ルアーまでの垂らしを竿1本程度と眺めに取る
  • 振り子の要領でルアーを縦に揺らす
  • 最も負荷のかかる後方側に来たとき、竿に重みを乗せながら投げる

慣れが必要ですが、何回か練習すれば初心者でも簡単に飛距離を稼ぐことが出来ます。

 

ペンデュラムキャストをしても飛距離が出ない場合、だいたいがあまりロッドに重みが乗ってない状態で、素早く振り抜いてしまうことが原因です。上手く投げられない場合は、ロッドに負荷をかけることをイメージして、一番テンションが掛かった位置でゆっくり投げると良いです。

 

あと少し飛距離を伸ばす便利グッズ

 

普通に投げてもそこそこ飛距離を稼ぐことが出来ますが、あとすこし伸ばしたい!という場合に便利グッズが役立ちます。

使ってみて、非常に便利だった物を紹介します。

 

ショアジギングでキャスティング時にほぼ必須なアイテム

 

ショアジギングでは、80g~100gあたりのメタルジグを使うことが多いとおもいます。
重いメタルジグを繰り返しキャスティングしていると、キャスティング時にPEラインを押さえてる指が痛くて投げれなくなると思います。
そこでこれです!

 

The following two tabs change content below.
かっつん

かっつん

はじめまして、かっつんです。 京都在住30代 このブログでは、様々な趣味や雑学の情報を発信しています。
広告

関連記事

  1. ショアジギング

    ショアジギングで守るべきマナー

    釣りに限らず、マナーというものは守って当たり前なの…

  2. ショアジギング

    メタルジグの材質『タングステン』『鉛』の違い

    今回は、何かと気になることが多い「タングステン製のメタルジグ」について…

  3. ショアジギング

    釣った魚をおいしく食べる持ち帰り方

    釣りに行くと釣れた魚を、皆それぞれいろんな方法で〆てるのを見ます。…

  4. ショアジギング

    ショアジギング 釣り場の見つけ方

    青物が釣れるポイントを探そう!青物を釣りにいこ…

  5. ショアジギング

    ショアジギングとは?

    ショアジギングって?釣りにに慣れていない人は「ショアジギング」…

最近の記事

広告
  1. 雑学

    都道府県名の由来(関東地方・中部地方編)
  2. 釣り

    『知らない』では済まない釣りの危険
  3. アロマオイル

    筋肉 関節などの不調時に効くオススメのアロマオイル
  4. ゴルフ

    ゴルフのラウンドデビュー前の練習
  5. アロマオイル

    アロマオイルのブレンドを楽しもう
PAGE TOP