バス釣り

バスの探し方

広告

バス釣りをしていて、ここのポイントすごく雰囲気イイのに、投げても投げても釣れない…ルアーを変えて投げても釣れない。
この経験、誰もがあると思います。
いくら投げても釣れない=バスえを探せてない。ということです。
がむしゃらに投げて釣るのもイイですが、頭の中でいろいろ考えながら釣ることでブラックバスの釣果はアップする事間違いなしです。

 

釣行前に、釣り場を選ぶ

 

釣行計画段階からバスの釣りは始まっているのです。釣りに行く季節、当日の天気、場所の情報収集をするのもいいですし、時間を変えても面白いです。

釣り場所選びで重要なのは、水温とシーズンです。 ある程度の水温(15度)以上になると、意外とどこを選んでも釣れるのですが、問題は初冬と春先です。このシーズンは湖や池や川、釣り場となる場所の水温が違います。

初冬で水温が一桁に下がり始めるとバスの活性も落ちてきますので、水温の冷めにくい大型レイクにするとか、風の当たらない池や流れの当たらない場所を目安にしてください。

春先には水温が日々かわりますので、少しでも水温の高い池を選べばバスに出会えるチャンスも増えます。

ポイントを選ぶ

 

釣り場の場所を考えることから始まります。これは同じ湖で釣っていても、ここで釣れないのに対岸では良く釣れているとかは良くあることです。
せっかく大きく釣り場を選んだのに、釣り場に来て適当にルアーを投げていては、意味がありません。水温と時間、季節を考えて釣り場から、釣るポイント選びもしましょう。

 

広告

水温が大事

 

水温とバスの動きは密接な関係があります。それは釣り場でも言える事で、大きな湖では場所で全然水温が変わりますし、午前と午後でも水温が全然変わってきます。
春なら水温が温まりやすいような場所・初冬なら暖かい場所を狙うのいいでしょう。

 

バスの習性を考える

 

バスの行動は釣るシーズンと習性で変わってきます。

バスの動き行動パターンを想像しながら釣るようにしましょう。

 

ポイントでのルアー選択

 

オススメルアーから先に紹介します。

スピナーベイトです。

なにがいいかと言うと、春夏秋冬釣れます。そしてシャローからディープまで手返しよく探れる。
経験上ワームでネチネチ釣るよりも、スピナーベイトなどの手返しがいいルアーで、陸っぱりなら歩きながら、ボートならエレキで流しながら、
ひたすら表層から底まで巻く。

 

バスまでの早道

 

上に書き込んだような事をバス釣り中級者は考えながら釣りをしています。
大事なのは、ある程度の知識と経験を取り込んだら、自分の経験で考えて釣る事です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
かっつん

かっつん

はじめまして、かっつんです。 京都在住30代 このブログでは、様々な趣味や雑学の情報を発信しています。
広告

関連記事

  1. バス釣り

    ブラックバスの習性

    バスという魚は、プラスティックのルアーにアタックしてくる。 バスの本能…

最近の記事

広告
  1. ゴルフ

    ゴルフのラウンドデビュー前の練習
  2. アロマオイル

    アロマテラピーを始めよう!あったら便利な道具
  3. ショアジギング

    ショアジギングでのキャスティングの仕方
  4. バス釣り

    ブラックバスの習性
  5. 雑学

    天皇になろうとした僧侶「道鏡」
PAGE TOP